トップページ > 会社情報・会社沿革

企業理念Corporate Philosophy

私たちは
常に顧客志向の精神を持ってベストを尽くし
地域社会に貢献するとともに
社員各人の自主、創造性の発揮を尊重し
常に健全な企業体質を有し
活力ある企業をめざします

感謝:常にお客様に対し、感謝の心で接する。
前進:常に前進を考え積極的に行動する。
勇気:失敗を決して恐れない、然し同じ失敗は繰り返さない。
融和:笑顔を忘れずお互いの立場を尊重し、融和を図る。
創造:常に能力の啓発と育成を図り、豊かな創造力を発揮する。

会社情報Information

名 称 東北オートメカニック株式会社
本 社 仙台市泉区明通4丁目5番8号(泉インダストリアルパーク内)
長命ヶ丘店 仙台市泉区長命ケ丘2-22-8
仙台中央工場 仙台市青葉区木町通1-5-12
宮城野工場 仙台市宮城野区鶴ヶ谷字京原151
設立年月日 平成5年4月1日
資本金 払込資本金 20,000,000円
株 主 株式会社 アセント
営業種目 1. 自動車の修理、整備、板金、塗装業
2. 自動車部品および用品の販売
3. 自動車の販売・買取
4. 自家用自動車有償貸渡業
5. 損害保険代理業
6. 自動車損害賠償保障法にもとづく保険代理業務
7. 前各号に付帯関連する一切の業務
役 員 代表取締役社長 堀内 資公
常務取締役 佐藤 敏広
取締役 橋本 泰徳
監査役 大塚 啓高
従業員数 66名(内、整備士36名)
取引銀行 七十七銀行、三菱UFJ信託銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行
加入団体 宮城県自動車整備商工組合、カーコンビニ倶楽部、みやぎ生協車検
主な仕入先
(順不同)
三和自動車商事(株)、日産部品宮城販売(株)、(株)アセント、(有)千葉商会、(株)山形部品
(株)大塚商会、中山ライニング工業(株)、SGモータース(株)、和光ケミカル(株)、JU宮城、
(株)ユー・エス・エス、(株)オートサーバー、ブリジストンタイヤジャパン(株)、
(株)タイヤワールド館ベスト、ダンロップタイヤ東北(株)、三菱電機ロジスティック(株)、
主な納入先
(順不同)
オリックス自動車(株)、住友三井オートサービス(株)、日本カーソリューションズ(株)、
三菱オートリース(株)、西出自動車(株)、SMFLキャピタル(株)、トヨタモビリティサービス(株)、
ナルネットコミュニケーションズ(株)、芙蓉オートリース(株)、JA三井リースオート(株)、
(株)マックス、(株)イチネン、興銀オートリース(株)、、キムラユニティー(株)、みやぎ生協、
オートビジネスサービス(株)、日本メンテナンスシステム(株)、仙台トヨペット(株)、
ネッツトヨタ仙台(株)、(株)ネクステージ、遠藤商事(株)、e−energy(株)、
(有)ショーカイ自動車、(株)マックオート仙台、(株)ケーユー、オートパラダイス、
(株)大塚商会、イエローハット(株)ホットマン、(株)カーチス、
オリックスレンタカーカメイ(株)、タイムズモビリティネットワークス(株)、佐川急便(株)、
SGモータース(株)、ヤマトオートワークス(株)、三紀運輸(株)、(株)アクティオ、
キユーソーティス(株)、(株)エネオスフロンティア、損害保険ジャパン日本興亜(株)、
あいおいニッセイ同和損保(株)、東京海上日動火災保険(株)、三井住友海上火災保険(株)

会社沿革Company history

 1986年 仙台市青葉区堤町に菱油販売株式会社(三菱石油)の自動車整備部門として営業を開始。
 1993年4月
5月
整備部門を独立させ、東北オートメカニック株式会社を設立。
本社、本社工場を仙台市泉区明通に新設移転。
 1995年6月
 
東北運輸局より指定自動車整備事業の許可を取得。【東北運輸局指定 第3-617号】
泉区を中心に月間500台の車検を含む点検整備、板金塗装を実施。
 2000年7月 泉区大沢に軽板金塗装専門店の泉インター店を開設。
 2001年9月 リース車両管理強化の為、リース部門を設立。
 2003年7月 泉インター店を泉区加茂に移設。泉加茂店として開設。
 2007年1月 泉加茂店を泉区長命ヶ丘移設。長命ヶ丘店として開設。
 2007年9月 長命ヶ丘店が指定工場の許可を取得。【東北運輸局指定 第3-970号】
 2008年4月 本社工場におけるトラック車両の管理台数増加に伴い、トラック部門を設立。
 2010年2月
 
8月
仙台市青葉区木町通に仙台中央工場を開設。
仙台中央工場が指定自動車整備事業の許可を取得。【東北運輸局指定 第3-1021号】
仙台中央工場がみやぎ生協車検の提携工場となり、生協車検のサービスを開始。
 2012年2月 本社・本社工場の敷地を拡張。
 2013年2月 東京海上日動火災保険株式会社の指定工場となり、自動車保険損害サービス業務を開始。
 2013年7月
 
仙台市宮城野区鶴ヶ谷に、軽・重板金塗装の宮城野工場を開設。
宮城野工場が認証工場の許可を取得。【東北運輸局認証 第3-7502号】
 2014年4月 長命ヶ丘店がみやぎ生協車検の提携工場となり、生協車検のサービスを開始。
 2014年7月
 
損害保険ジャパン日本興亜株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と 業務提携し板金の指定工場となる。
 2017年4月 泉区明通に泉第二工場を開設。
 2017年5月 本社屋を新設移転。
 2018年7月 泉第二工場が指定工場の許可を取得。【東北運輸局指定 第3-1127号】
ページトップへ戻る

環境負荷の低減に対する取り組みReduce the environmental impact

LED蛍光灯

現在、自然が地球をきれいにするよりも、人間が地球を汚す方が早すぎて、地球の回復力を超えています。
そのため、東北オートメカニック株式会社は、環境負荷の低減に取り組んでいます。
東日本大震災以降は、電気の大切さ、貴重さを痛感し、節電を続けてまいりましたが、LED蛍光灯にすることにより、さらなる効果が見込めます。
これからも、CO2や消費電力の削減に努めて、環境保全への貢献に尽力しています。

2012年12月に導入した本社事務所1F・2Fに加え、2015年7月12日に工場内の照明もLED照明にしました。

水銀灯
矢印
LED作業灯

左が水銀灯、右が交換後のLEDです。差は一目瞭然です。
LEDの作業灯は、円錐になっており一見すると向いている方向のみ照射するように見えましたが
程よく広範囲を照らしていますので、工場内全体が明るくなっているのが分かりますでしょうか。

水銀灯2
矢印
LED作業灯2

取り付け位置が異なりますが、こちらも同じ角度から撮った画像です。
撮った時の天候や外の明るさは、概ね同じくらいのコンディションですが、やはり工場全体が
明るくなっているのが分かるかと思います。

水銀灯4
矢印
LED作業灯4

工場の外から見ると、このようになります。
明るさの種類が違うのが良く分かります。全体が白く明るくなっています。
左の交換前の画像でも、事務所はLEDですから工場と事務所の差が水銀灯とLEDの差ですね。

整備工場に求められる“清潔感”Corporate image

皆様に支えられて、おかげさまで20年以上整備を続けてきた弊社の工場も、20年分の汚れが蓄積されてきました。
かつての整備工場といえば、汚れていて当然といったイメージがありましたが、私たちはそのイメージを
払拭して、皆さんを気持ちよくお迎えするため、大規模な改修工事を決意しました。
実施期間中は、皆様に大変ご迷惑をおかけいたしましたが、現在は明るく清潔感漂う工場になりました。

施工の様子

業者のかたは、ゴールデンウィーク期間中にも関わらず、
雨の日も風の強い日にも頑張って下さいました。
誠に有難うございました。

整備工場の床は、耐熱・耐油・耐衝撃に強くなくてはならず、
さらには、普通に施工するだけでは滑りやすい為、若干の
粗目を出す作業があり、それが大変だそうです。

本当にお疲れ様でした。
長く保てるように、大切に使わせていただきます。

施工前正面
矢印
施工後正面

工場の正面から。事務所の入口も施工していただきました。
実は、床が汚れていると、落ちたボルトを探すのも一苦労でした。

施工前奥
矢印
施工後奥

工場の奥から。逆光で確認し難いですが、まるで新設の工場のようです。

新しくなった床にLED照明も手伝って、これまでよりさらに明るい工場となりました。
明るくなった工場に負けないように、明るく元気なあいさつで皆様をお迎えいたします。

反社会的勢力に対する基本方針Corporate policy

当社は、業務の適切性および健全性を確保するため、暴力団をはじめとする反社会的勢力との取引を含めた
一切の関係を遮断するため、以下の基本方針を定めます。

(1)反社会的勢力との関係遮断
 ・当社は、社会の秩序や安全に脅威を与える、反社会的勢力との関係を、一切持つ事のないよう努め、
  反社会的勢力による不当要求には一切応じず、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

(2)組織的な態勢の整備
 ・当社は、反社会的勢力に対して、組織的な対応をするための態勢を整備し、職員の安全確保を
  最優先に行動します。

(3)裏取引・資金提供等の禁止
 ・反社会的勢力に対しては、当社や従業員の不祥事を理由とするものであっても、
  その事実を隠蔽するための裏取引などは一切行いません。
  また、反社会的勢力への資金供与や便宜の提供も絶対に行いません。

(4)外部専門機関との連携
 ・当社は、警察・暴力追放推進センター・弁護士等の、反社会的勢力を排除するための各種活動を
  行っている外部専門機関等と密接な連携をもって、反社会的勢力に対し毅然とした対応を行います。
  

ページトップへ戻る
Copyright (C) 2005 Tohoku auto mechanic.,Inc.